• 佐伯の女の子、見つかって良かった!

    2016年12月07日

    佐伯2歳児発見 市民捜索 小さな命救う 未明もライト頼りに 「いてもたってもいられず」 

    本当によかった!
    捜索をされた警察消防の皆さん、お疲れ様でした。
    そしてたくさんの市民の方が自主的に捜索に加わってくださったことを知り、胸が熱くなりました。佐伯市、暖かい街。素晴らしいです。
    こういうニュースが流れると、必ず「親は何やってんだ!」とわざわざ批判をする輩が出現します。この批判、誰のためにも、何のためにもなっていないということにそろそろ気づいてはいかがでしょうか?
    わが家にも2歳の娘がいます。これまで何回スーパーや公園などで「あれ?いない!」と肝を冷やしたことでしょうか。ずっと見ようと思っていても、その集中力を人間が持ち続けることは不可能。そしてその集中力がほんのちょっと、たとえば1〜2秒切れちゃうだけでこどもって消えちゃうんです。
    ちなみにこれはうちの子が特別足が速いとか人並外れてヤンチャだとかではなく、誰にでも起こることなんです。
    今回行動を起こした市民たちはそういうことをよく知っている方なんでしょうね。批判する方、あなたもきっと親御さんをヒヤヒヤさせた過去があるハズですよ。
    そして「捜索のために税金を使いやがって!」というコメントもみましたが、そう言うアナタはこの先納税しなくていいので一切文句言わないでくださいね、と言いたい。是非人の力を借りず、公的機関にも世話にならず、自分のチカラだけで一生をのりきってくださいね。
    ちなみに…そういう人たちですが、きっと「じゃあ紐でもつけとけ」とか言う。紐をつけていると、「過保護だ」と騒ぐ。言いたいだけなんでしょう、きっと。ずっと傍観者で文句を言っているよりも、捜索に行く人、こどもがいなくならないしくみを作る人になりたいものです。
    PREV
    BACK
    NEXT
  • 〒838-0142 福岡県小郡市大板井637-105

    応援してくださる方、応援してくださる方をご紹介いただける方はメールにてご連絡をお願いいたします。

    COPYRIGHT 与那嶺  真史. ALL RIGHT RESERVED.