• 【小郡市長選】戦いの後…あいさつの制限

    2017年04月25日

    激しい選挙戦が終わりました。かじ良光さんの当選が決まり、静かな日常が戻ってきました。小郡市政の前進に期待したいです。

    そんな中昨日、職場で聞こえてきたこんなひとこと。
    「政治家ってさ、選挙前にはあれだけ騒いでお願いしていくのに何で終わった後お礼も何も言わないんだろう?」
    ほんと、おっしゃる通り。もちろん選挙事務所やHPなどではあいさつをされますが、選挙のときのように大々的にはやらないですよね。
    素朴な疑問ですが、同じように思っている人も多いんじゃないかと思い、調べてみました。
    分かりやすかったのが岡山市のHP。
    「選挙後のあいさつ行為の制限」
    なんと、公職選挙法で制限がしっかりかかっていたんですね。以下ダメな例です。コピペです。
    • 選挙人に対して、戸別訪問をすること。
    • 文書図画を頒布したり、掲示すること。
    • 新聞紙、雑誌を利用(広告)すること。
    • 放送設備を利用して放送すること。
    • 当選祝賀会その他の集会を開催すること。
    • 自動車を連ねたり、隊伍を組んで往来したりして、「気勢を張る行為」をすること。
    • 当選したお礼として、当選人の氏名、政党・政治団体の名称を言い歩くこと。
    いつも通り、駅での朝のあいさつくらいならいいのかもですが、選挙戦と同じ勢いでの「ありがとうございました!」はナシなんですね。よく分かりました。
    これから選挙の後は、「お願いばっかりでお礼が無いじゃないか!」なんてプンプンせずに、「早速市のために動いてくれてるんだな」「もう忙しい日々が始まったんだな」というような温かい目で見守りたいと思います。
    PREV
    BACK
    NEXT
  • 〒838-0142 福岡県小郡市大板井637-105

    応援してくださる方、応援してくださる方をご紹介いただける方はメールにてご連絡をお願いいたします。

    COPYRIGHT 与那嶺  真史. ALL RIGHT RESERVED.