• 【ニュースから】財務省、書き換え認める方針

    2018年03月11日

    まさかまさか、これまでの行政文書の信頼性すべてを失わせかねない事態となってしまいました。

    財務省、書き換え認める方針(時事通信)

    森友問題から自殺者も出し、佐川国税庁長官も辞任の意向。そして「朝日新聞の勇み足だ」なんてネットでは話題にもなっていた今回の書き換え疑惑、どうやら事実だったようです。。

    野党はこれを機に安倍内閣倒閣に向け一気に畳みかけることが予想されます。確かにこの案件はそれくらい大きな問題ですが、このまま政治的空白を作ってしまってもいいのでしょうか。

    政治が決めなければならないことはとてもたくさんありますが、今国会はいわゆる「モリカケ問題」ばかりがクローズアップされ、国家として全く前に進めていない印象があります。確かに財務省はひどいことをした。そして政権もその対応を誤った。ですが予算委員会などでずっとこの問題を取り上げ続けなければならないのでしょうか。

    与党にとっては超マイナスポイントですが、かといってこれを追及することが野党のプラスになるとはとても思えません。そして財務省の書き換えなども国会であれこれやるものではなく、司法の場に委ねるべきものであると考えます。

    国会議員の皆さんには政局ではなく実のある議論を進めていただきたい。国会のあるべき姿を考えていただき、一日も早い正常運営に戻してもらいたいです。

    PREV
    BACK
    NEXT
  • 〒838-0142 福岡県小郡市大板井637-105

    応援してくださる方、応援してくださる方をご紹介いただける方はメールにてご連絡をお願いいたします。

    COPYRIGHT 与那嶺  真史. ALL RIGHT RESERVED.